【ととのうみすと】を使った口コミと効果!毛穴が小さく綺麗になった!

毛穴の黒ずみ(角栓)を除去する間違った方法と正しいケア方法!

ととのうみすと,口コミ,効果,毛穴

 

鼻の頭や小鼻周辺に黒くぽつぽつしてニキビのように目立つ角栓。

 

触るとザラザラするし、周りからどう見られているかも気になるのが毛穴の黒ずみ(角栓)ですね。イチゴ鼻ともいわれます。

 

メイクも綺麗に出来ないし毛穴が隠れなくて困りますよね。

 

でも、どのようにスキンケアをすると毛穴の黒ずみ(角栓)が除去できるのか悩んでいないでしょうか?

 

或いは、無理やり毛穴の黒ずみ(角栓)を押し出したりしていないでしょうか?

 

毛穴の黒ずみを無理やり取ろうとすると毛穴が広がったり、更に汚れる原因になるので正しい毛穴のケア方法を知っておきましょう。

 

毛穴の黒ずみ(角栓)除去する間違った方法と正しいケア方法をブログにしてみました。

 

 

 

毛穴の黒ずみ(角栓)とは?

 

毛穴の出口が狭くなり、毛穴に皮脂やタンパク質(角質)が詰まることで角栓ができます。角栓が黒くなっている状態が毛穴の黒ずみです。

 

角栓ができてしまうと皮脂が排出されずに毛穴の内部に溜まり毛穴がポツンと盛り上がってきます。

 

この状態を面皰(めんぽう)=コメドと言います。

 

更に毛穴の黒ずみが悪くなると皮脂を栄養源としてアクネ菌が増殖し白ニキビや黒ニキビになります。

 

 

毛穴の黒ずみ(角栓)が起こる原因と対処方法

毛穴の黒ずみには黒角栓毛穴、メラニン毛穴、毛穴の開きに伴う毛穴の黒ずみ3つの種類があります。

 

角栓が出来る原因と対処方法を見ていきます。

 

原因

 

  • 毛穴の中の角栓が黒い(黒角栓毛穴)

毛穴に詰まった角栓や汚れが酸化た場合。

 

つまり皮脂量が増加したり、汗やメイク汚れ、紫外線により酸化した場合に起こります。

 

 

  • 毛穴の縁が色素沈着している(メラニン毛穴)

紫外線ダメージによるメラニンの生成や角栓を無理に絞り出そうとして毛穴が炎症を起こし、毛穴のふちが色素沈着した

 

  • 毛穴の開きに伴う黒ずみ

通常の乾燥以外にエアコンや紫外線の影響を受け肌内部で水分不足が進んでいるインナードライの可能性も。

 

保湿ケアが不充分だと肌が乾燥しインナードライが加速。毛穴さらに固くし取れにくくなってきます。

 

 

女性ホルモンである黄体ホルモンも皮脂の分泌を高める作用があります。

 

特に排卵後から月経までの期間は分泌が高まります。また、ストレス、過度の緊張、疲労、不眠などにより自律神経がに影響が出るとホルモン分泌が盛んになり皮脂分泌量が増加します。

 

 

対処方法

 

肌の奥深くにこびりついて詰まった毛穴はとても頑固に固まっています。

 

まずは、肌の代謝を上げ、メラニンや皮脂汚れを排出しやすくすることが大切。

 

首肩などを回し血行を良くしたり湯船につかると血行促進が可能です。

 

また蒸しタオルを使っても良いですがタオルが汚れていたりすると汚れが毛穴に入り込む原因となります。

 

また蒸しタオルを使った後は毛穴が開いてしまうのでアフターケアが大切になってきます。

 

 

間違った5つの方法

 

毛穴の黒ずみ(角栓)除去する間違った方法は、

 

 

毛穴パックを使う

シートタイプの毛穴パックやクレイによる毛穴パックをすると一時的に毛穴の汚れが取れます。

 

しかし、毛穴パックを毎日使うのはNGです。

 

毛穴パックは数日置きにやると毛穴に効果的ですが、使い過ぎは毛穴への悪影響になります。

 

また毛穴パックがカピカピになるまで置いてしまったり、無理にはがすと毛穴にダメージを与える可能性がありますので慎重に行いましょう。

 

結構、吸着力が強いのでまれに赤みやかゆみが出る方もいます。

 

ただし、毛穴パックは毛穴の開きが原因で毛穴の黒ずみになった場合は効果が期待できません。

 

毛穴の開きが原因の場合はまずは肌の保湿力を高めるほうが効果的と言えます。

 

 

スクラブでゴシゴシとこする

スクラブを使い小鼻の周りや鼻をゴシゴシしてしまうと肌に刺激を与えてしまいます。

 

また逆にスクラブの粒が毛穴に入り毛穴の黒ずみが強まったり肌に負担がかかり肌荒れを起こすこともあります。

 

 

 

ピーリングをする

ピーリングもスクラブと同様に肌に負担がかかるため

 

特に敏感肌の方、皮膚の薄い方には刺激が強いので控えたほうが肌のためには良いです。

 

 

無理に押し出す

 

毛穴の汚れを無理におしだすと毛穴を傷つけ毛穴が更に黒ず無可能性が高いです。

 

肌はダメージを受けると、修復しようと代謝が活発になり、ターンオーバー(角質の生まれ変わり)が著しくなり黒ずみとして残ってしまいます。

 

 

オイルと綿棒を使う

 

オイルを使い綿棒で鼻の頭や小鼻の周りの毛穴の汚れを絡めとるようにして全体的に綺麗にします。

 

しかし、オイルはもともと刺激が強いため、肌に赤みが出たり湿疹、ニキビ、肌荒れが起こる方もいます。

 

また綿棒で強く擦ったり、長時間擦ると肌を傷める原因となるので見極めも必要です。

 

オイルを使った後はべたつき感をなくしきちんと洗顔をし保湿ケアすることで乾燥が防げます。

 

 

 

正しい2つの方法

 

脂っこい食事を控えたり必要な栄養素を食品から摂取出来るよう食事のバランスを整えていくことも毛穴の黒ずみ解消につながります。

 

また、皮脂の過剰な分泌を抑えるために、脂質代謝に必要となるビタミンB2や皮脂の酸化を防ぐビタミンEなどを積極的に摂取するのが悩みの解消につながっていきますよ。

 

毛穴の黒ずみを美肌に導いてくれる食品を紹介します。

 

ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2は、主に皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きがあります。

 

ビタミンB2が不足すると、口の端が切れる口角炎、口内炎、ニキビなど皮膚や粘膜に炎症がおこりやすくなります。

 

牛乳、卵、肉類、ウナギ、納豆、レバー、葉菜類などにビタミンB2が多く含まれます。

 

 

ビタミンEを多く含む食品

ビタミンEの抗酸化作用により、体の酸化を防ぎ守る働きがあります。

 

言い換えると体内の細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患予防が期待できます。

 

ナッツ類、胚芽油、ウナギなどの魚介類、大豆、穀類、アボカド、魚介類、緑黄色野菜など

 

 

糖分、脂質の取り過ぎに注意

脂肪や糖分を余分に取り過ぎると皮脂が過剰に生成されてしまい、皮脂バランスが崩れ毛穴の黒ずみや毛穴の詰まりにつながりやすくなります。

 

またエネルギーとして使われず余った糖分は脂肪なり蓄積されるため肌の酸化など悪影響を与えるだけでなく肥満になる可能性も高まります。

 

また糖分は血糖値を上昇させ、皮脂の分泌を促進させてしまいます。

 

 

肌の乾燥を避けるため水分量を上げる

毛穴の黒ずみ(角栓)が気になる方は、まずは肌の水分量を上げましょう。

 

なぜ肌の水分量が上がると毛穴の黒ずみに良いのかというと、肌の揺らぎが解消され、ターンオーバーが正常化されるからです。

 

ターンオーバーは肌細胞の生まれ変わりの周期ですが、通常は28日前後で生まれ変わり、年齢を重ねるごとにターンオーバーの期間が長くなります。

 

なので年齢を重ねると肌荒れ、肌の乾燥、肌のたるみ、シワ、シミなどあらゆる肌トラブルを引き起こすようになります。

 

毛穴の黒ずみ(角栓)や毛穴の開きも同様です。

 

しっかりとスキンケアをしまずは肌内部まで水分をしみこませましょう。

 

 

まとめ

 

毛穴の黒ずみ(角栓)を除去する間違った方法と正しいケア方法を見てきました。

 

まずは、無理に毛穴にダメージを与えないことが大切です。

 

そして肌の乾燥が肌トラブルを招きますので、まずは肌の内部からしっかりと潤うようにしていきましょう。

 

更に、食事の栄養素まで気を配れるようになると最高ですね。

 

毛穴の汚れが落ちるスプレーも販売されているのでそちらも使ってみると悩んでいた毛穴の黒ずみ(角栓)、毛穴の開きがなくなり美肌に一歩また一歩と近づきますよ!

 

 

 

ととのうみすと(ミスト)は口コミで評価が高い毛穴に特化したスプレータイプの化粧水。顔にシュッと吹きかけるだけで毛穴の黒ずみ、毛穴の引き締め、毛穴の皮脂汚れなど毛穴対策がバッチリ出来ちゃいます。ととのうみすとの成分は超純水、アルカリイオン水、アーチチョーク、美肌菌のサポートをする65種類の食物酵素を配合。合成界面活性剤、プロピレングリコール、合成着色、合成香料、アルコール、パラベン、鉱物油は使用していませんので肌に優しく安心して使えます。超純水やアルカリイオン水など肌の潤いアップにつながる成分も配合。毛穴対策で何をやっても効果がイマイチだった、毛穴の黒ずみ(角栓)が取れない、毛穴の開きが気になる、ファンデーションで毛穴が隠しきれなくなってきたなど毛穴でお悩みの方はととのうみすとを一度使ってみてくださいね!